軽費老人ホーム利用料金(1ヶ月あたり)〜利用料金表[軽費]〜

1.ご利用料金

【軽費老人ホーム「草の家」階層区分別料金表】(月額)

対象収入による階層区分 本人からの事務費徴収額
(月額)
事務費+生活費
(52,780円)
1 1,500,000円以下(夫婦) 7,000円 59,780円
1,500,000円以下 10,000円 62,780円
2 1,500,001円〜1,600,000円 13,100円 65,880円
3 1,600,001円〜1,700,000円 16,100円 68,880円
4 1,700,001円〜1,800,000円 19,100円 71,880円
5 1,800,001円〜1,900,000円 22,200円 74,980円
6 1,900,001円〜2,000,000円 25,300円 78,080円
7 2,000,001円〜2,100,000円 30,300円 83,080円
8 2,100,001円〜2,200,000円 35,400円 88,180円
9 2,200,001円〜2,300,000円 40,500円 93,280円
10 2,300,001円〜2,400,000円 45,600円 98,380円
11 2,400,001円〜2,500,000円 50,600円 103,380円
12 2,500,001円〜2,600,000円 57,700円 110,480円
13 2,600,001円〜2,700,000円 64,800円 117,580円
14 2,700,001円〜2,800,000円 71,900円 124,680円
15 2,800,001円〜2,900,000円 79,000円 131,780円
16 2,900,001円〜3,000,000円 86,100円 138,880円
17 3,000,001円〜3,100,000円 94,200円 146,980円
18 3,100,001円〜3,200,000円 102,400円 155,180円
19 3,200,001円〜3,300,000円 110,400円 163,180円
20 3,300,001円〜3,400,000円 118,500円 171,280円
21 3,400,001円以上 全額

◎その他徴収額
1.冬季加算(暖房費)11月~3月(5か月) 2,070円/月
2.居室内で使用する電気料金(22円/kw)
3.理美容代(理美容をご利用する場合は直接業者へお支払い下さい。)
4.備品等の破損において、利用者自身の責任に帰する場合の修理費用。

(注1) この表における「対象収入」とは前年の収入(社会通念上収入として設定することが適当でないものを除く。)から、租税、社会保険料、医療費、当該施設における特定施設入居者生活介護の利用者負担分等の必要経費を控除した後の収入をいう。
(注2) 対象収入及び必要経費については、「老人保護措置の費用徴収基準の取扱いについて」(平成18年1月24日老計発第0124001号)の第2の1の(1)「「前年」の対象収入の取扱い」、(3)「収入として認定するものの取扱い」、(4)「必要経費の取扱い」に順次取り扱うこと。
(注3) 本人からの徴収額(月額)は、上記により求めた額とする。ただし、その額が当該施設におけるサービスの提供に要する費用(月額)を超えるときは、当該施設のサービスの提供に要する費用(月額)を本人からの徴収額(月額)とする。
(注4) 夫婦で入居する場合については、夫婦の収入及び必要経費を合算し、合計額の2分の1をそれぞれ個々の対象収入とし、その額が150万円以下に該当する場合の夫婦それぞれの本人からの徴収額(月額)については、上記票の額から30%減額した額を本人からの徴収額(月額)とする。この場合100円未満の端数は切り捨てとする。

 

コメントは受け付けていません。