軽費老人ホーム「草の家」概要

軽費老人ホーム概要    料金表    行事スライド    お問合せ【軽費】


1.軽費老人ホームとは

60歳以上の(夫婦で入所する場合はどちらかが60歳以上)の低所得の方であって、自分の身の回りの事は出来るが、家庭環境・住宅事情等の理由により家庭において生活することが困難な方が低額な料金で利用できる施設です。
当施設は、居宅における生活への復帰が可能な場合には復帰を念頭におき、その他の場合には、生活の場として老人の特性に配慮した住みよい住居を提供し、利用者の 自主性の尊重を基本として、入居者が明るく心豊かな生活ができるよう、相談・助言等の援助、食事の提供、入浴設備の提供、疾病・災害等緊急時の対応、居宅サービスの利用への協力、余暇活動の支援等、利用者がその有する能力に応じ自立した 日常生活を営むことができるように万全を期することを基本方針とします。

軽費老人ホームとは?
厚生労働省が定める老人福祉法において、「無料又は低額な料金で、老人を入所させ、食事の提供その他日常生活上必要な便宜を供与することを目的とする施設」とされています。以下の3種類があります
【軽費老人ホームの種類】
<A型> 収入が少なく(収入が利用料の2倍以下)身寄りがないか家庭の事情などで家族と同居が困難な人が対象。
<B型> 家庭環境、住宅事情などにより居宅において生活することが困難な人が対象。ただし自炊できる程度の健康状態であることが条件。
<C型(ケアハウス)> 厚生労働省が定める老人福祉法における軽費老人ホームの一種で、低額な料金で高齢者を入所させ、日常生活上必要な便宜を供与することを目的とした施設です。
自炊ができない程度の身体機能の低下があるか、高齢のため独立して生活するには不安があり、家族による援助を受けるのが困難な60歳以上の人が対象です。
自立して生活できるよう環境設備に配慮されています。

 
2.概 要

1)定 員・・・50名(居室数:50室)
2)職員数・・・施設長:1名、相談員:1名、事務員:2名、ケアワーカー:5名、栄養士:1名、看護師:1名
3)施 設・・・鉄筋コンクリート3階建(建物延面積:1,671平米)

【入所者スペース】
個室(6帖間:48室)、夫婦室(8.5帖間:2室)
※トイレ・洗面所・押入・洋服ダンス・バルコニー付、全室南向き
【共有部分】
医務室、静養室、集合室、食堂(集会室)、相談室、事務室、ホール(各階フロア)、浴室(男女各1)、宿直室、ワーカー室(2F)、談話室(3F)、各階:エレベーター、洗濯室、ガス湯沸室、倉庫
※全館冷暖房完備

4)利用料・・・生活費 + 事務費 + 電気料 の合計額が1ヶ月の施設利用料となります。

平成27年度事業計画書【軽費老人ホーム】
利用料金表(軽費)参照

3.申し込み手続き

入所を希望される方は、当施設にて入所申込書をお渡ししますので、取りに来て下さい。(遠方の方は取り寄せも可能です)
申込書・履歴書・医師の診断書・戸籍抄本などの書類が必要になります。

①施設見学・面談 ②入所申込手続き ③審査・検討会 ④入所のご案内
    申込書・履歴書・診断書・戸籍抄本が必要になります。        

 
4.活動状況

1)日課表
・起 床/6時30分
・朝 食/8時00分
・体 操/9時00分
・昼 食/12時00分
・クラブ活動/AM・PM 1時間~2時間 ※クラブ活動によって時間変更あり
・入 浴/14時~16時(月・水・金曜日)
・夕 食/18時00分
・消 灯/21時00分

2)年間行事とクラブ活動  →行事スライドショー下の表組参照

軽費老人ホーム概要    料金表    行事スライド    お問合せ【軽費】

 

コメントは受け付けていません。